ワールドファイル

出典: HelpCenter

ワールドファイル

ワールドファイルとは、ラスターデータの地理的位置情報を記述したファイルです。
航空写真や地形図などのラスターデータは、TIFF・JPEGなどの形式で作成されますが、通常これらの画像データは位置情報を持っていないためGISソフトで読み込んだとしてもでたらめな場所に配置されていしまいます。
ところがワールドファイルと画像ファイルをセットで扱うことで、ほとんどのGISソフトで正確な位置に画像を配置することができるようになります。
ワールドファイルの拡張子は基となる画像ファイルの拡張子によって変化します。
画像ファイル拡張子の先頭と末尾に w を付け足します。
image.tif → image.tfw
image.jpg → image.jgw
image.bmp → image.bpw
ワールドファイルはテキスト形式なので、メモ帳などのテキストエディタで編集することが可能です。
以下のような構造になっています。

  0.000034650987278 ・・・ 1行目:画像ピクセルが左から右に進む際の1ピクセル当りの座標増減値
  0.000000000000000 ・・・ 2行目:回転行列パラメータ
  0.000000000000000 ・・・ 3行目:回転行列パラメータ
 -0.000034651463691 ・・・ 4行目:画像ピクセルが上から下に進む際の1ピクセル当りの座標増減値
136.997072881050000 ・・・ 5行目:画像左上のX座標(経度方向)
 35.003232674268200 ・・・ 6行目:画像左上のY座標(緯度方向)

※ 5行目、6行目の左上座標値は左上ピクセルの中心座標です。ピクセルの左上座標ではありません。
※ 2行目、3行目のパラメータは画像を回転させて配置する際のパラメータですが、対応しているGISソフトが少ないためあまり使用されません。
※ ワールドファイルには座標系の情報は記述されません。
例えば上記ワールドファイルで、幅 7214 ピルセル、高さ 4809 ピクセル の画像の場合、配置される座標は以下になります。
左上X座標(経度):136.997072881050000
左上Y座標(緯度): 35.003232674268200
右下X座標(経度):136.997072881050000 + 0.000034650987278 × 7214 = 137.247045103274000
右下Y座標(緯度): 35.003232674268200 + (-0.000034651463691) × 4809 = 34.836593785378200

リンク

GeoTiff

個人用ツール